ツイッターを利用している人が増えたことで、ネット上への企業に対する誹謗中傷の割合が増えましたよね。友人や知人に「口頭」で伝える伝達手段とは違い、SNSや掲示板への投稿は削除されるまで永久的に残ります。もしかしたら「たった一言」の中傷により、会社にとって大きな損害を招くことがあるかもしれません。

最近では面白半分で企業への誹謗中傷を繰り返すネットユーザーも多いですので、企業としては風評被害対策を講じる必要があるでしょう。実害を受けなければ無駄な経費ではありますが、リスク管理の1手段として風評被害対策を請け負っている業者へ相談してみると良いでしょう。

風評被害対策や誹謗中傷監視をメインに扱っている専門業者の多くでは、該当するキーワードや中傷文を見つけた場合、それに対する処置を行ってくれます。書き込み先が企業の運営するホームページや掲示板であっても、対策をしてくれますので、お困りであれば検討してみてください。業者の数も増えていますので、簡単に見つけられるでしょう。

サービス料金は業者によっても大きく変動しますが、大手と呼ばれる評判の会社であれば月額2万円から4万円前後が多いです。事前の相談料は大半の業者が無料ですので、まずは相談をしてみるべきです。

Categories: サービス
1 5月 2014

Leave a Reply